認定看護師になるまでの道のり

看護師の中には、キャリアアップを目指したいと思っている人も少なくありません。ある特定のスキルを要する仕事は、産業看護師や献血看護師、訪問看護師など様々な分野がありますが、「認定看護師」はそれらとは一線を画す上級資格です。

認定看護師になるためには一定の条件をクリアする必要があります。まずは看護師としての実務経験を有さないといけません。実務経験が5年以上必要です。加えて認定看護師にはいくつかの分野があるのですが、皆さんが取得しようと思っている分野における実務経験が3年以上ないといけないので注意してください。

ちなみに実務経験の年数は、転職や休職などがあっても構いません。あくまでも通算でどのくらいの期間看護師として仕事をした経験があるかがポイントになります。

その上で、認定看護師教育課程を受けてもらいます。認定看護師教育課程のプログラムは615時間以上履修する必要があります。6か月は期間が必要になると思ってください。

ここまで来ると、認定看護師の認定審査が実施されます。筆記形式で実施され、合格すると認定看護師として登録できます。

コメントを残す